阪神・糸井 滑り込みで負傷し途中交代

2019年08月09日 20時11分

足首を痛めた糸井に話しかける矢野監督

 阪神・糸井嘉男外野手(38)が9日の広島戦(京セラD)の2回、盗塁を試み、二塁へ滑り込んだ際に負傷し、3回の守備から途中交代した。左足首を痛めたとみられる。

 糸井はそのまま球場を後にし、大阪市内の病院へ向かった。この日も2打数2安打2打点と好調ぶりを見せつけ、打率も3割1分4厘まで上昇していただけに、戦線離脱となれば矢野阪神へのダメージは甚大だ。