西武・松本 ゲームつくれず4回5失点で降板「大胆な投球すれば良かった」

2019年08月08日 21時08分

 西武のドラ1右腕・松本航投手(22)が8日の楽天戦(県営大宮)に先発するも4回7安打5失点で降板。防御率を5・07に下げた。

 初回、二死を奪いながら四球絡みで銀次に2点適時打を献上。3回にも浅村の25号ソロ、再び四球絡みで和田に2点適時打を許し計5失点。前回1日のソフトバンク戦(3回途中5失点降板)に続き、先発の役目を果たせずマウンドを降りた。

 松本は「初回をしっかり抑えなくてはいけないと思ってマウンドに上がりましたが、点を取られてしまいました。しっかり入り方を考えて、もっと大胆に思い切った投球をすれば良かったです。前回に続き、先発として長いイニングを投げることができずチームに申し訳ないです」とコメントした。