阪神・矢野監督 メッセンジャー二軍調整を示唆「いろいろ考えてみないと」

2019年07月10日 22時46分

メッセンジャーの代打を告げる矢野監督

 阪神ランディー・メッセンジャー投手(37)は10日、巨人戦(甲子園)に先発し、5安打4失点で今季最短となる2回降板。「今季は全く(自分の思うように)投げられていない。感じがいいなという時に打ち込まれ、逆の時には案外抑えられたり…。野球のクレージーさを感じる」とうつろな表情でボヤいた。

 7敗目を喫したメッセンジャーの今後について、矢野監督は「いろいろ考えてみないと」と二軍調整を示唆した。