川崎宗則氏コーチ就任に古巣ソフトバンクが温かいエール

2019年07月10日 13時29分

川崎宗則氏

 台湾プロ野球・味全の客員コーチに就任することが同球団のフェイスブックで発表された川崎宗則氏(38)に関して10日、古巣・ソフトバンクが温かいエールを送った。

 球団関係者にも連絡が入ったとのことで、三笠杉彦GMは「元気に野球の世界で頑張ってくれるのはうれしい。応援していきたいです」とコメント。

 別の球団フロントも「彼のキャラクター、野球への情熱でアジアの野球を盛り上げてくれるのはうれしいこと」と話した。

 同氏は99年にドラフト4位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。2011年オフに海外FA権を行使してマリナーズに移籍した。17年に古巣に復帰したものの、18年3月に体調不良で退団していた。