阪神ジョンソンが来日初黒星「これが野球」

2019年07月08日 23時50分

来日初黒星を喫した阪神ジョンソン

 阪神の中継ぎエース、ピアース・ジョンソン投手(28)が8日、巨人戦(甲子園)で来日初黒星を喫した。

 追いついた直後の8回一死から岡本に中前打を許す。代走・増田大を警戒しすぎたのか、けん制球が乱れて二進されると、三盗も決められた。ここで陽に適時打を浴び、これが決勝点になった。

 5月15日の巨人戦以来14試合ぶりに失点した右腕は「久々の失点? これが野球だよ。状態は悪くなかったが、結果的にそうなった。また明日、切り替えてやります」と話した。