巨人・丸が明かした本音 「不器用ですから」

2019年07月06日 13時00分

丸ポーズで沸く巨人ベンチ

 このまま突っ走るか。首位・巨人は5日、DeNA戦(東京ドーム)に8―4で逆転勝ち。破竹の6連勝で眼下の広島に7ゲーム差をつけ、ペナントレース折り返しを前に早くも独走態勢だ。ヒーローは攻守で大活躍の丸佳浩外野手(30)。6回の守備で左中間を抜けていきそうな大飛球を好捕し、その裏にはダメ押しの15号3ランを放って勝利を呼び込んだ。しかし本紙が独占直撃すると意外な言葉を口にした。

 丸が放ったダメ押しの一発に東京ドームはG党の大歓声に包まれた。6回無死一、二塁。1点を勝ち越した直後の第3打席だ。バントを決め切れずに追い込まれながらも6球目、相手先発の今永が投じた147キロの外角直球を一閃。勝利を決定づける15号3ランを左翼席へと叩き込んだ。

 守備でも大きく貢献した。同点の6回だ。無死一塁から神里が放った中堅やや左寄りの大飛球をジャンプ一番、フェンスに激突しながらスーパーキャッチ。抜けていれば勝ち越され、流れも相手に傾きかねない状況を抜群の守備力で阻止した。中堅守備で過去6回のゴールデン・グラブ賞受賞歴を誇る“希代の名手”が存在感を見せつけた。

 ヒーローインタビューでは本塁打について「感触というか…。しっかりバント練習します。すいません!」。千両役者ぶりも発揮し、スタンドを爆笑の渦に巻き込んだ。

 開幕から「不調」の2文字を知らない。5日現在でリーグ2位の打率3割1分2厘の数字が証明する通り、安定感抜群の打撃でチームの快進撃を支えている。しかし、慢心する様子はまったくない。それどころか、丸は自身のプレースタイルを謙遜しながら「不器用」とも評し、本紙の直撃に「もともと器用に場面場面でスタイルを変えられるほど、僕は引き出しを持っていませんからね」と苦笑し、こう続けた。

「自分の中で、やっぱり必死にやって全力で(結果を)奪い取っていって…。(打撃だけでなく)守備でも盗塁でもそうですけど、ずっとやり続けるしかできないですからね。そういうつもりでやっています。それでダメだったらダメで二軍で練習するしかないですけどね。まあ、そうなっちゃいけないですけど」

 昨季まで広島のリーグ3連覇に貢献し、2年連続となるリーグMVPにも輝いた。それでも一切のおごりはない。持ち前の全力プレーが結果に結びつかなければ、二軍降格の覚悟も常に抱いている。この心構えこそが丸の真骨頂だ。それが証拠に今季は3年連続となるリーグMVP受賞が周囲から期待されることにも「いやいや、それは運でしかないですから」とサラリとかわし、こんな本音も打ち明けた。

「タイトルやMVP、そういう賞をもらった時に自分で取れたなと思ったことはないですね。ある程度の数字を残さないと当然、そういう賞っていうのはいただけないとは思います。でも自分は野球をやってきて今まで運が良かったなと思うんです。やっぱり人との巡り合わせというか、監督、コーチ、選手もそうですよね。今まで恵まれたところでやれてきているので…。そういったところには感謝しないといけないと思います」カープ時代のスタッフやチームメートへの謝意は今も忘れない。そんな謙虚な姿勢が示すように“Gの丸”は新天地でもフォア・ザ・チームを貫き、まい進する。