与田竜“お前騒動”後に3連敗 昨季より8試合も早く自力優勝の可能性消滅

2019年07月05日 16時30分

自力Vが消滅した中日・与田監督

 中日が4日の巨人戦(東京ドーム)に3―5で敗れ、今季4度目の3タテを食らった。これで首位巨人とのゲーム差は11まで広がり、昨季より8試合も早く自力優勝の可能性が消滅した。

 それでも与田監督は「まず自分たちのチームがどういう形で結果を残すのか。僕の責任もいろんなものがある。まだシーズンは終わってないので、いちいちそういうことを考えていても意味がないので、常に最後まで全力で戦う」と必死で前を向いた。

 先発左腕のロメロが7四球と制球が定まらず、来日最短となる4回4失点の背信投球。この3連戦では先発がいずれも5回持たずにKOされたとあって、指揮官は「打たれる前に必要以上に考えすぎている気がする。長打力のあるバッターに必要以上に過剰になってしまう。ここは精神的なものなので、それをいかになくしていかないといけない」と苦言を呈した。

 追い打ちをかけるように勝利の方程式を担うロドリゲスが試合前練習中に臀部の張りを訴えて都内の病院へ向かい、登録抹消の可能性もあるという。

 5連勝と勢いに乗っていた中日だが、応援歌「サウスポー」を巡る一連の“お前騒動”後は無念の3連敗となってしまった。