日本ハム・吉田輝星 左腰の張りで降格も…フレッシュ球宴出る気マンマン

2019年07月03日 16時30分

練習を再開した吉田輝

 左腰の張りを訴えて二軍に降格した日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が2日、千葉県鎌ケ谷市内にある球団施設で練習を再開した。ストレッチや肩のエクササイズ、治療などを行い「今は限られたことしかできませんが、ケガから復帰したときに自分の理想に少しでも近づけるようにやっていきます」とコメントした。

 4日には吉田輝にとってプロ3戦目となる先発登板が予定されていたが無念の降格。心中を察したチームメートらも心配していたが、当の本人はそれを気遣い「DL(故障者リスト)入りですよ」と冗談を交えながら気丈に振る舞っていたという。

 同僚は「ぎっくり腰のようなものだと本人は言っていました。もう回復に向かっているらしく、フレッシュ球宴には出る気満々ですよ」と明かし、11日に予定されているフレッシュ球宴(楽天生命パーク)への出場には問題がない様子だ。先輩である昨年のドラフト1位・清宮も出場した祭典に向け、ルーキー右腕は焦らず調整を進めていく。