今季4度目4連敗でBクラス転落 阪神・矢野監督「明日はいろいろ変えようかと」

2019年07月02日 22時06分

矢野監督

 阪神は2日のDeNA戦(横浜)に0―4と完敗し、今季4度目の4連敗。2試合連続のゼロ封負けで借金は2、4月30日以来の4位に転落した。

 同率3位で並んでいたDeNAとの直接対決。先発・西が6回2失点と力投したが、打線が新人・上茶谷らを攻略できなかった。これで6月29日の中日戦から22イニング無得点。防御率2点台と健闘してきた西は今季7敗目で「9連戦の初戦を短いイニングで降りてしまい、悔しい投球になった」と反省。5月10日の中日戦以来、7戦も白星から見放されている。

 矢野監督は「打開策? 明日はいろいろ変えようかと思っている。現状良くないから点が取れないけど、ムードもなかなか変化がないし」と不振の1番・近本らの打順変更を示唆。「苦しいのは苦しいが、前を向いてとか言い聞かせてやっている。その気持ちで明日も戦っていく」と話した。