【球宴】阪神・藤川が監督推薦で7年ぶり出場 西武・森&オリ・吉田正との対戦熱望

2019年07月01日 16時07分

藤川球児

 阪神の藤川球児投手(38)が1日、「マイナビオールスターゲーム2019」(12日=東京ドーム、13日=甲子園)の監督推薦選手に青柳とともに選出された。藤川の球宴出場は2012年以来7年ぶり9回目。

 藤川は「一番のライバル球団である(広島の)緒方監督に選んでいただいたのは光栄」と語り、対戦したい打者として西武・森、オリックス・吉田正の名を挙げ「交流戦では四球を出してしまっているし、戦略を度外視して勝負していい環境なので、対戦する機会があれば、お客さんに楽しんでいただけるようないい勝負ができればいい」と話した。

 06年に出場したオールスター第1戦(神宮)では、西武・カブレラと日本ハム・小笠原に予告した上で、直球による真っ向勝負に挑んでいずれも三振に仕留め、観客を沸かせた。

「(メジャー挑戦を経て)独立リーグから阪神に帰ってきて『もう無理なんじゃない』と冗談半分に言われながら、プレーで体現し、結果として監督推薦で選出してもらえた」と胸を張る藤川は今季、ここまで28試合に登板し、防御率1・26の好成績で虎のセットアッパーに君臨。オールスター第2戦の舞台は甲子園だ。7年ぶりとなる夢舞台で、次はどのような伝説を残してくれるのか。