【球宴】肉離れリハビリ中の鷹・柳田選出「出場することができれば全力で」

2019年06月24日 16時18分

 マイナビオールスターゲーム2019のファン投票最終結果が24日、発表され、外野手部門でソフトバンク・柳田悠岐(30)が選出された。柳田のファン投票による選出は6年連続6度目。

 4月7日のロッテ戦(ヤフオクドーム)の走塁中に左脚を痛め、左ヒザ裏の肉離れで戦線離脱。ここまでわずか9試合の出場にとどまっている。実戦復帰もまだで、現実的に見れば球宴前の一軍復帰は厳しい。

 それでも昨年まで3年連続で両リーグ最多得票で、今回も豪快なフルスイングを見たいファンからの投票が集まった形となった。

 柳田は球団を通じて「シーズン始まってすぐにケガをして、試合に出てないにもかかわらず、たくさんのファンの方に票を入れていただき光栄です。まだケガは完治していませんが、出場することができれば全力プレーで頑張ります」と話した。

 オールスターを辞退する場合、昨季までは球宴後10試合を欠場しなければならなかった。ただ、今年から野球協約が改訂されており「故障により球宴直前の試合まで抹消されていた場合、その抹消期間中の試合数を球宴後の10試合から差し引く」となった。そのため従来のペナルティーはなく、ルールに左右されることなく状態優先で復帰できる。

 フロントと首脳陣は26日にもリハビリの進捗状況などを含めた話し合いを持ち、方針を決めることになるという。