阪神連敗ストップ 矢野監督はレオ打線抑えた投手陣たたえる

2019年06月21日 23時22分

連敗を止め、ファンの声援に応える矢野監督

 阪神は21日の西武戦(甲子園)に5—2で競り勝ち、引き分けを挟んだ連敗を6で止めた。

 先発の西が強力西武打線に9安打を浴びながら6回を3失点にまとめる投球でゲームをつくると、3—3の7回、一死満塁の場面で梅野の押し出し死球で勝ち越しに成功。投手陣も岩崎—藤川—ドリスの継投で後続を断ち、負ければ借金生活転落の危機をチームから救った。

 試合後、矢野監督は「もうちょっと点を取れれば楽に勝てただろうけど」と課題を挙げながら、「西は粘りのピッチングをしてくれた。(岩崎)優もよく頑張ってくれたし、球児もあれだけフルスイングをしてくる西武打線を相手にどこか楽しんでいるかのように、その一方で細心の注意を払いながらよく投げてくれた」と投手陣の奮闘をたたえた。