西武・山川が先制27号「打てて良かった」

2019年06月20日 19時39分

 西武・山川穂高内野手(27)が20日の中日戦(ナゴヤドーム)で2試合ぶりとなる27号先制弾を放った。

 0—0で迎えた2回、先頭の第1打席で山川はフルカウントから中日先発・山井の抜けたカーブを一閃。左中間席へ突き刺した。

「打ったのはカーブです。打てて良かったです」とコメントした山川。67試合目での27号到達は7月31日ソフトバンク戦(メットライフ)だった昨年の89試合目を22試合上回るシーズン「57本ペース」。一時期のペースからスローダウンしたものの依然、公言する「50本」を射程圏に捉えている。