広島・中崎を抹消「マウンドへの不安や迷い」を佐々岡コーチに告白

2019年06月20日 17時04分

登録を抹消された中崎

 広島・中崎翔太投手(26)が20日、出場選手登録を抹消。代わって藤井皓哉投手(22)が一軍に昇格した。中崎は今季29試合に登板し、2勝3敗8セーブ、防御率4・08。開幕は抑えとして迎えたが、不安定な投球が続いていたため、今月に入って中継ぎへ配置転換となっていた。佐々岡投手コーチによると、前日、本人と面談した際に現在の状態でマウンドへ上がることへの不安や迷いがあることを打ち明けられたという。

 同コーチは「一軍で復調を待っていたが、本人の正直な気持ちを聞いて、今のままではプラスにならないだろうと判断した」と話した。今後については勤続疲労も考慮し「リフレッシュして、納得のいくボールが投げられるようになれば。体づくり、体のケアをして、そこから」とし、期限を定めず調整させるとした。