阪神は引き分け挟んで4連敗 守屋失点に矢野監督「乗り越えてほしい」

2019年06月18日 23時18分

引き揚げる矢野監督

 阪神は18日、楽天戦(倉敷)に3―5と敗れ、引き分けを挟んで4連敗。最大で6あった貯金も2に減った。

 過去、地方球場での登板では8戦7勝と抜群の相性を誇る先発・メッセンジャーが7回3失点の粘投でゲームをつくるも、3―3で降板した直後の8回、2番手・守屋が連打を浴び、ウィーラーの決勝の犠飛で勝ち越しを許す。打線も相手を上回る9安打を放ちながら、要所で抑えられた。

 矢野監督は「メッセンジャーは粘りを見せてくれていただけに、白星を挙げてほしかった。(同点の8回で起用した)守屋には乗り越えてほしいと思っていたが、これ以上(藤川)球児に無理をさせるわけにはいかなかった。こういう緊迫した場面でも抑えられるような投手になってほしい」と話した。