左肩痛から復帰 ソフトバンク・和田に重大使命

2019年06月18日 16時30分

練習中に笑顔を見せる和田

 左肩痛から復帰したソフトバンクの和田毅投手(38)に、V奪回に向けた重要ミッションへの期待がかけられている。

 ある球団フロントは言う。「先発を見ると一年間きっちりローテを守った経験のある投手がゼロに等しい。終盤をどう乗り切っていけるか未知数だ。その中で調整の仕方だったりを選手目線でアドバイスできるのが和田なんだ。彼も分かっていることだろうけど、大いに期待するところだよ」

 現在の先発ローテは高橋礼や大竹ら実質1年目の選手が並ぶ。エース・千賀も今季のようにチームを背負う立場でフル稼働した経験はない。リーグVへは主砲・柳田が復帰予定の夏場以降が勝負どころ。そこでクレバーなベテラン左腕の経験値が生きるわけだ。

 実際、今季も大学の後輩・大竹が「和田さんはずっとローテーションを守ってきた人」と、体の動きが悪くなった時の調整を質問。思い切って休む勇気を持つことを助言された。過去には東浜が実質1年目の夏場に不振に陥った際、投球フォームの連続写真で好調時との違いを見てもらい、復調したことがあった。

 もちろん、和田も「僕も最初のシーズンはガス欠したところがあった。こういうことがあり、成功だったとか失敗だったとか。あくまでも選択肢の一つとしてアドバイスできれば」と陰ながらサポートするつもりだ。

 現在の和田は一度間隔を空けるため登録を抹消されているが、チームに同行して調整中。次回は白星をかけて23日・巨人戦(東京ドーム)で登板予定になっている。まだまだ健在なベテランはグラウンド内外で必要不可欠な存在だ。