ソフトバンク 育成選手は育つのに支配下ドラフト上位投手が伸び悩む逆転現象

2019年06月17日 16時30分

12回を抑えた高橋純

【デスクと記者のナイショ話】ソフトバンク担当記者 かつてのドラ1右腕の高橋純平がいよいよ出てきました。いい場面でも使われるようになってきましたし、プロ初勝利も近そうですよ。

 デスク リリーフで8試合に投げて13回2/3を2失点か。そのうち先発もするのか?

 記者 いえ。少なくとも今季はリリーフの方針です。首脳陣にも聞きましたが、現状では球種的にもリリーフのほうが向いているとのことです。

 デスク そうか…。2015年のドラフトの目玉で、日本のエースになるべき素材だったよな。というか、育成選手は千賀や甲斐、石川、大竹とかバンバン育って出てきてると思うんだけど、逆に支配下の特に上位指名はいまひとつ伸び悩んでないか?

 記者 そんな印象を受けますか。

 デスク 最近のドラ1でも注目を集めた選手で、松本裕、純平、大卒だけど田中正義もだろ。2位でいえば小沢や古谷とか。ここ5年の支配下ドラフト選手でも一軍主力と言えるのは2年目の高橋礼くらいじゃない?

 記者 確かに、球団内にもそういう声はあるんですよ。「育成選手はどんどん育つのに、支配下はなかなか出てこない。普通に考えたら逆でしょう」って。ここ2年は即戦力も交えての指名にシフトチェンジしましたが、その前はポテンシャル重視だったので、時間を要する面もあるのでしょうが…。さらに育て上げるのが難しそうな育成選手はどんどん出てくるんですけどね。

 デスク「育成のソフトバンク」のはずが、ホントは「支配下の育成ベタ」とか、シャレにならないんじゃないか。たしか話題のあいつも支配下だったよな…。

 記者 あっ、スチュワートのことですね。

 デスク 育成に失敗したら今後、米国トップアマの日本ルートに影響するよなあ。

 記者 原因を追跡取材しておきます。