虎のFA右腕・西 古巣オリからの白星逃げ6敗目

2019年06月14日 22時14分

ロメロに先制2ランを浴びた西

 阪神のFA右腕・西勇輝投手(28)が移籍後初対決となった14日の古巣・オリックス戦(京セラドーム)に先発。7回まで3安打無四死球2失点と完投ペースも2点リードの8回、自ら一死満塁のピンチを招いて降板、2番手の藤川が暴投、適時三塁打を許し、5失点で今季6敗目を喫した。

「どこが、誰がというのは関係ない。やることは変わらない」と自然体で臨んだ西にとっては5月10日の中日戦以来、実に5戦ぶりの白星となるところだったが試合は暗転…。矢野燿大監督(50)は「みんなが一生懸命やってくれた展開、何とかしようとするところを見せてくれたし、仕方ない。あるとすれば、オレが1個ぐらい継投が遅れたかなという反省はある」と逆転負けを振り返った。