西武・中村 プロ野球記録更新!通算18本目のグランドスラム

2019年06月14日 22時13分

通算18本目の満塁弾を放った中村

 西武の「満塁男」中村剛也内野手(35)が14日のヤクルト戦(メットライフ)で今季9号、自身の持つプロ野球記録を更新する通算18本目の満塁本塁打を放った。

 初回一死一、三塁の第1打席で相手先発・ブキャナンから交流戦単独トップの打点を「190」に伸ばす左前適時打を放った中村。さらに7—1の大量リードで迎えた4回一死満塁の第3打席で中村は真ん中高めの甘く入ったストレートを一閃。打球は打った瞬間に左翼席のファンが沸騰する9号満塁弾。「打ったのは真っすぐです。打てて良かったです」という一撃は5月10日、日本ハム戦(札幌ドーム)での5号弾に続く今季2本目のグランドスラムとなった。

 これで中村は通算満塁本塁打数を「18本」とし自身の持つプロ野球記録を更新。その通算本塁打は394本となった。通算868本をマークする世界のホームラン王、王貞治(巨人=15本)の半数に満たない本塁打数で満塁弾記録では3本上回ったことになる。

 今季、中村に回ってきた満塁機はこれで14度(うち4安打、2本塁打)。本人は「(満塁は)しんどい。好きじゃない」というものの、どこまでも満塁に愛されている男のようだ。

 ちなみに海の向こう、メジャーに当てはめると18本はロビン・ベンチュラらに並ぶ歴代5位タイ。トップはアレックス・ロドリゲスの25本。