西武・十亀が国内FA権取得「今はシーズンに集中」

2019年06月14日 17時43分

十亀剣

 14日、西武・十亀剣投手(31)の出場選手登録が7年に達し国内FA権の資格取得条件を満たした。

 十亀は「率直にうれしいし、ここまで出させてもらった方々のおかげ。社会人出で『太く短く』と思っていた野球人生でFAが取れたのはうれしい。ただ今はシーズン中だし、そういう環境ではない。シーズンに集中したい」とこの日取得したFA権に言及。続けて「終わった後に(球団から)どういう話をされるか分からないので、終わったら考えることがいろいろある。取ったというよりは取らせてもらった。まずはシーズンをしっかりやらないといけない。取るとか取らないは別にしてシーズンを全うしたい。今年は挽回しないといけない」と話した。

 十亀は2011年のドラフト1位でJR東日本から西武入り。通算187試合に登板し49勝43敗、3セーブの成績を残している。

 西武のFA移籍選手は昨年オフの炭谷銀仁朗捕手(31=巨人)、浅村栄斗内野手(28=楽天)まで12球団最多の17人を数え、4年連続の流出が続いている。