西武 元同僚・炭谷にやられた

2019年06月13日 16時30分

炭谷(右)に手玉にとられ、静まり返る西武ベンチ

 12日の巨人戦(メットライフドーム)、西武は昨季までの同僚、炭谷に4回に逆転の2点打、8回には走塁でダメ押しとなる8点目の生還を許すなど、走攻守で好き放題にやられて痛い黒星を喫した。

 炭谷は本紙に「やっぱりFAで出た以上負けたくなかった。ただ、ずっと(一緒に)やってきたメンバーやし、だからこそ真剣勝負ができると思う」と古巣との初対戦に言及。続けて「ボクには全然やりにくさはなかった。これがもし、パ・リーグ(の他球団)に行ってシーズンを通してだったらやりにくさはあったと思う。ただ、交流戦の3試合やし、次やっても日本シリーズじゃないですか。だからこそ全力でできることをフルにやって勝ちたい」と語った。

 試合前、5年間同じ捕手として炭谷と苦楽を共にした岡田は「ウチがどういう野球をするのか、また一人ひとりの性格もギンさんは把握している。この打者はこの場面で長打は狙わないだとか、追い込まれたらどういう(狙い球の)絞り方をしてくるとか、1打席目で打ち取られた球を狙ってくるだとか…。それを分かられていることが嫌。中にいないと分からない情報、データに出ないデータをギンさんは持っている」と警戒していた。

 その言葉通り、炭谷の2点打などで3―5と逆転された直後、4回裏の攻撃では1点を返してなおも二死満塁の好機で打ち気にはやる4番・山川が2番手・田原のボールになるワンバウンドのカーブで空振り三振。以後は3投手を巧みにリードされ、強力打線はゼロ行進を余儀なくされた。

 この日、4打数1安打だった栗山は「終盤の勝負どころで駆け引きができたら面白かったんですけどね。残念なのは交流戦の3試合だけということ。これがホンマ、同一リーグとの対戦だったらもっとデータを集めてね。性格が出るところが面白い勝負になってくるんですけど」と、かつての盟友・炭谷との短すぎる再会を残念がっていた。