迷走オリックス 頓宮ら若手起用法めぐり不満の声

2019年06月13日 16時30分

眼鏡をかけ直す西村監督。視界が定まらない!?

 オリックスは12日の中日戦(京セラドーム)に2―6と完敗。阪神から移籍した竹安が初先発で6回途中まで2失点と踏ん張ったが、同点で迎えた8回に3番手の近藤が痛恨の4失点。西村監督は「信頼して(マウンドに)送り込んでいるんだから自信を持っていってほしい。気持ちで入っていかないとああして打たれる」と厳しい表情を見せた。

 借金は再び最多タイの12。苦戦が続くなか、チーム内では若手の起用法についての不満の声も聞こえてくる。今季は福田をキャプテンに西浦、佐野、中川、頓宮らの若い選手を中心に機動力野球を目指した。しかし、成績が伴わなくなると抹消、登録が繰り返されるようになり、ある球団関係者は「若手がいい経験を積んでいるのは間違いないけど、継続して結果を出すのは厳しい。そこをどれだけ監督が辛抱できるかなんだけど、やはり勝利という部分で辛抱は難しい」と見ている。

 また、別の関係者は「特に頓宮は将来の主砲候補。三塁守備に難があるならずっと二軍で鍛える年にすればいいし、それをしないなら一軍に置いておくような選手。上げたり下げたりじゃない。本人にとっても自信をなくすだけの1年になってしまうかもしれない…」と指摘する。開幕スタメンを果たした大型ルーキーの頓宮も打撃不振から5月1日に登録抹消、同24日に登録され、30日には守備不安から再び抹消されるなど定着しない。

「若手をみな一緒に考えるではなく、個々の育成のビジョンをしっかり立てているのか、フロントの考えもよくわからない。ビジョンなき戦いに見える。今はいつ二軍に落とされるかわからない、という気持ちでやっている選手が多い」と周囲の不安は膨らむばかり。最下位・オリックスの迷走は続く…。