阪神・矢野監督「申し分ない」 投打のヒーローの青柳&梅野を絶賛

2019年06月12日 23時12分

声援に応える阪神・梅野

 阪神は12日のソフトバンク戦(ヤフオク)に8―2と快勝した。

 先発の青柳は7回4安打2失点で自己最多となる5勝目をマーク。「制球も良く、思い切って内角を突けた。大量援護も頂いたので、とても投げやすかった」と5月21日のヤクルト戦以来の勝利を喜んだ。

 打のヒーローは梅野だ。1点を追う4回に逆転の決勝6号2ランを放つと、6回には一死二、三塁で左前へ2点適時打を放った。故郷・福岡で躍動した梅野は「地元の声援も後押ししてくれたおかげで打つことができた」。捕手としても青柳ら3投手を好リードし勝利に大きく貢献した。

 2位・巨人とゲーム差なしの3位は変わらないが、首位・広島との差は1・5ゲームまで縮んだ。強敵・ソフトバンクに土をつけた矢野監督は「青柳は安定感があった。梅野(の本塁打)はすごかったね。地元でいい働きをしてくれた。申し分ない」と投打のヒーローをたたえた。