ソフトバンク・千賀 月間MVPに「取れるような成績だと思っていなかった」

2019年06月11日 17時02分

月間MVP賞を受賞した千賀

 ソフトバンク・千賀滉大投手(26)が11日、5月度の「大樹生命月間MVP賞」を受賞し、ヤフオクドームで会見を行った。5月は5試合に先発して3勝1敗、防御率1・75。投球回36、奪三振43、勝率7割5分はいずれもリーグトップだった。

 昨年8月以来2度目の受賞となった右腕は「取れるような成績だと思っていなかったので、ビックリしている」と語りながらも「これからも毎月、候補に挙がるくらいの投球をしたい」と意気込んだ。

 代名詞の三振数は12球団ダントツの105。「今年はいい形で追い込めている。三振というアウトの取り方はリスクが一番少ない。そういう取り方ができているのは調子がいいのかな」と手応えを口にした。