広島8度目の挑戦で田中広が甲斐キャノン突破

2019年06月08日 13時00分

因縁の甲斐から二盗を決めた田中広

 なんとか意地は見せた格好だ。昨年の日本シリーズのリベンジを期した広島だが、7日のソフトバンク戦は3―6で返り討ちに遭った。既に5勝を挙げている先発の床田が6回途中4失点とピリッとせず、打線も千賀の前に7回まで散発3安打と攻略できなかった。

 ただ収穫はあった。4回二死から四球で出塁した田中広が“甲斐キャノン”をかいくぐって盗塁に成功。昨年の日本シリーズで6連続盗塁阻止を食らい、シリーズ記録を更新された相手捕手の甲斐に一矢を報いた。

 この日も初回一死から四球で出塁した菊池涼が盗塁を試み、セーフになった。しかし、送球を取りこぼした川瀬に失策がつき、記録上は菊池涼の盗塁死。そんななか、実に8度目の挑戦で田中広が決めた。高ヘッドコーチは「(田中広の)抜群のスタート」とたたえた上で「監督も言っていたけど『そう簡単に走れないけれど、走らなかったらカープの野球じゃない』ということ」と話した。

 現在、両チームはセ、パの首位を走る。広島が35年ぶりの日本一を勝ち取るためにも、ソフトバンクは倒さなければいけない相手。この盗塁を一つのきっかけにしたい。