阪神・糸井が延長10回に決勝打 恩師の前で健在ぶりアピール

2019年06月06日 23時55分

ヒーロー糸井を迎える矢野監督

 阪神・糸井嘉男外野手(37)が6日のロッテ戦(ZOZOマリン)の延長10回に決勝打を放ち、カード勝ち越しに貢献した。

 一死一、二塁のチャンスで打席に入るとロッテ・益田の148キロの直球を右前へ運び激闘に終止符を打った。交流戦に入ってからの3試合は「3番・指名打者」として先発出場し、14打数6安打5打点と爆発。日本ハム時代の恩師であるロッテ・大村巌打撃コーチの前で健在ぶりをアピールした。

 適時打後に一塁上で「糸巻きポーズ」で喜びを爆発させた超人はお立ち台でも「このチャンスをものにしようと、勝ちたい一心で振り抜きました」とニッコリ。矢野監督も「指名打者として集中力を高めていい仕事をしてくれている」と最敬礼だった。