広島サヨナラで「5月20勝」球団記録更新!野間は喜びのセルフシャワー

2019年05月31日 23時40分

「月間20勝」をアピールする野間

 広島が31日の阪神戦(マツダスタジアム)に延長11回、2—1で今季5度目のサヨナラ勝ち。5月は20勝4敗1分けで前日30日に更新した球団月間勝利数の記録をまた一つ積み上げた。

 ヒーローは延長11回、二死一、二塁から右越えサヨナラ適時打を放った野間峻祥外野手(26)だ。お立ち台でのヒーローインタビューの途中では、鈴木誠也外野手(24)と西川龍馬内野手(24)から水をぶっかけられそうになるも、危険を察知してひらりと身をかわすことに成功した。

 だが、スタンドのファンはそれでは納得しない。球場内から「もう一回!」「もう一回!」と異例の大合唱が起きると、野間は両手でバッテンマークを作って苦笑いを浮かべたが、さすがに観念した様子。インタビューを受けながら、お立ち台でおもむろにスパイクを脱ぎ、ベルトを外すという、これまた異例の展開となった。

 インタビュー終了後には、自らペットボトルの水を頭からかぶる「セルフシャワー」で喜びを表現すると、ファンも大盛り上がりだった。