高卒2年目の広島・山口 即ローテ入りゲット

2019年05月31日 16時30分

プロ初勝利の山口(右)をたたえる緒方監督

 若ゴイが鮮烈デビューだ。広島の高卒2年目右腕・山口翔(20)が30日のヤクルト戦(神宮)にプロ初先発し、7回二死までノーヒットノーランの快投でプロ初勝利。関東の鯉党を沸かせた。味方打線も3本塁打を含む今季最多タイ16安打で強力援護。13―0の大勝で今月19勝目を挙げ、球団の月間最多勝記録を更新した。

 直球は140キロ台中盤ながら、効果的だったのが110キロ台の緩いカーブ。女房役の磯村が「全球種がカウント球、勝負球として使えた」とうなったように、スライダー、フォークも駆使して強打者揃いの相手打線に的を絞らせなかった。

 ノーヒットノーランが「ちょっとよぎった」(山口)という7回二死。同じ熊本出身で同学年の村上に対して勝負球の143キロ内角直球でバットを折ったが、打球は不運にも左前へポトリと落ちる初安打に。「アイツだけには打たれたくなかったんですけど…」と悔しさをあらわにした山口だったが「火がついたので次は抑えてやろうと思います」と力を込めた。

 白星を重ねながらも先発陣の台所事情は苦しかっただけに、孝行息子の登場にベンチは大喜びだ。緒方監督は「ナイスピッチング。大アッパレだよ!」と興奮を隠せず。4週連続の6連戦をにらみ「ワンチャンスをモノにした。2、3試合はしっかり任せてみようと思う」と山口のローテーション入りを即断した。

 ドロ沼連敗のヤクルトを無慈悲に一蹴し、新戦力を加えながら進撃する赤ヘル軍団。もうどうにも止まらない。