阪神・大山に新ノルマ 「本塁打30本以上」だけじゃない!!

2019年05月31日 16時30分

先制3ランを放った大山(右)

 阪神が30日の巨人戦(甲子園)に5―2で勝ち、首位広島とのゲーム差は変わらず。

 信じてよかった…ということか。阪神の4番・大山悠輔内野手(24)が30日の巨人戦で9試合連続安打となる先制の9号3ランなど4打点と大暴れ。チームの今季5度目の3連勝、令和での対巨人4戦全勝、今季最多の貯金6に貢献し「(本塁打は)打ち方がそんなに良くなかったが、風に乗って入った。コーチから『浜風をうまく使え』と言われているし、自分にとってもチームにとっても良かった」と笑顔を見せた。

 開幕当初の不振でチーム内外から「4番は時期尚早」との低評価もあったが、今では一発を打てばチームは6連勝。チームトップの9本塁打、32打点(30日現在)と、すっかり貫禄がつき始めている。

 開幕から毎試合休まずに4番を任されているのは、セ・リーグでは巨人・岡本と大山だけ。ここまで踏ん張れたのも矢野燿大監督(50)の存在が大きい。

 批判も少なくなかった大山の4番起用継続に、指揮官は「キャンプの時から(4番で)いこうと決めた。開幕当初は迷ったりしたこともあったけど、悠輔の成長がチームの勝ちに絶対必要と思っていた。それに応えてくれているし、(今後も)外すことはない。逆に言うと、悠輔を大きく育てる打順が4番なんだ。4番は大山と言ってもらえる選手に近づいてほしい」と訴えた。

 そんな恩師をさらに喜ばせるべく、チーム内から大山にこんな“要望”も飛び出している。

「本塁打は30本以上打ってもらいたいし、できると思う。侍ジャパンでは打つだけでなく本職の三塁でレギュラーを取ってほしいと考えている」(ある球団幹部)

 虎では唯一、侍ジャパンに選出されている。V奪回だけでなく、やることは山ほどありそうだ。