暗雲Gの光明となるか 丸の驚力メンタル

2019年05月31日 16時30分

30日はノーヒットに終わった丸だが…

 3位の巨人が30日の阪神戦(甲子園)に2―5で敗れ、首位広島に4・5、2位阪神とは1・5差に広がった。今月は9勝12敗1分けとなり、月間負け越しも決定。苦しい戦いを強いられているが“Gのキーパーソン”は前を見据えている。移籍1年目の丸佳浩外野手(30)だ。この日こそ4打数無安打に終わったものの、ここまでスランプにハマることなく好成績を残している。重圧にさいなまれない強靱なメンタリティーを本紙に明かした。

 この日の丸は初回一死一塁で迎えた第1打席は投ゴロ併殺打。その後の3回二死一塁、6回無死一塁の場面と2打席連続で空振り三振に倒れ、相手の2年目左腕・高橋遥にいいところなく封じ込まれた。また1点リードされた5回には先頭の糸井が放った鋭い打球にスライディングキャッチを試みたものの捕球できず、打球が外野を転々とする間に4失点目へとつながる三進も許してしまった。

 終わってみれば4打数無安打。攻守で精彩を欠いた試合後は、高橋遥の印象について「なかなか僕も含めてつなぐことができなかったですね」とコメント。原監督は「まあ、そういう時もあるでしょうね」とかばった。

 ただ、悪い流れを引きずらないのが丸の長所だ。30日現在で打率3割1分5厘、9本塁打、29打点。ここまで期待通りの活躍を見せており、好不調の波がほとんどない。

 FA移籍で巨人入りを果たしたものの、早々から“Gの重圧”に苦しめられた大物選手は過去にもいた。同じ立場の丸にプレッシャーはないのか。本人を直撃すると、こう言い切った。

「プレッシャーとかっていうのは感じたことはないです。いい言い方をすれば、プラス思考なんですよ。いつ何時でもいいように考えてしまうので。自分が打てなくても、ちゃんと反省はしますけどね。でも、それで周りが“ああだ、こうだ”と言っても、特に『何か言ってらあ』ぐらいにしか思わないです」

 22日のDeNA戦後、原監督が9回に3番・丸と4番・岡本が連続見逃し三振を喫した場面について「クリーンアップが見逃し、見逃しという三振ではね」と厳しく糾弾。その発言が報じられたことで、周囲からは丸のメンタルを心配する声も上がった。だが、そうした周囲の心配すらも丸には不要のようだ。

「当然、新聞は見ますけど…。何かこう(メディアの論調に)言われたところで『ああ、まあそうなんだ』ぐらいにしか思ってないですし。むしろ、その中でも自分で吸収できるところがあったら吸収したいなと思ってますから。そこは、もうどの場においても日々変化を恐れずに、吸収できるものは吸収しようという気持ちですね」

 来週からは交流戦が始まる。一昨年に交流戦首位打者に輝くなど「得意」と評される丸だけに、持ち前の強心臓でチームを再び波に乗せたい。