高山の代打満塁弾で阪神2位浮上 好調マネいた!?矢野流ポケットマネー

2019年05月30日 16時30分

高山(手前)と抱き合う矢野監督

 阪神が29日の巨人戦(甲子園)で延長12回、代打・高山俊外野手(26)のサヨナラ満塁本塁打が飛び出し8―4で劇勝した。伝統の一戦での代打満塁弾決着は史上初。甲子園での巨人戦連敗も「9」でストップし、今季最多の貯金5、さらに2位浮上とノリノリだ。やはり矢野燿大監督(50)の手腕が大きく、敵将の巨人・原辰徳監督(60)までも“新米指揮官”に一目置いている。

 長い巨人との戦いの中で、初の代打満塁弾によるサヨナラ決着。評判となっている迫力満点のガッツポーズ、ナインと熱い抱擁を繰り返し“歓喜のシャワー”でユニホームがびしょびしょになった矢野監督は「何度あってもいいよ。野球ってすごい! 想像しないことばかり起きて興奮した」と大喜びした。

 殊勲の高山は今季、新人・近本の台頭で大半が代打稼業。「自分が決める!とだけ考えていた。2年間悔しい思いをしたので今年にかける思いは強いです」と不退転の決意でいたことに、指揮官は「エリート選手なのにベンチでは一番声を出してくれている。(二軍暮らしが長かった)去年から心の成長を感じている」と感謝した。

 昨年の金本前監督のスパルタ路線から一転、ナインの自主性&対話方針でチームを引っ張ってきた矢野監督。当初はOBから「厳しさが足りないのではないか」など指摘もあったが「オレはオレにしかできないことがある」と初志貫徹。ベンチを飛び出してのガッツポーズなど「勝っても負けても楽しむことが大事。オレが一番楽しまないと選手も楽しめない」と率先垂範の精神を見せている。

 そんな姿の矢野監督には敵将の巨人・原監督もこの日、初めて言及。これだけの健闘ぶりに警戒心を強めたのか「矢野君は現役時代とはイメージが違う。選手時代はあまり笑うことがなく、難しいタイプに見えていたが、監督になって変わったと思う。選手と寄り添ってやるのはオレもそうだけど今の時代には必要。ある意味、金本前監督のやり方を反面教師にしたのか分からないけど、いいことだと思う。今の阪神は不動のメンバーで戦えているのが強みだ」など、名将自ら就任1年目の監督の手腕をたたえたのだ。

 矢野監督にとってもうれしい発言だろうが、評価されるのは何も精神面だけではない。指揮官自らのポケットマネーによる「監督賞」がそれだ。

「選手がよくやってくれた、という時にはしっかりと出しているよ。頑張ってくれたらそりゃ、こっちもうれしいから。これからも出し続けていく」と今後も“奮発”することも宣言。ナインからは「本当にありがたい。仕事として評価してもらったわけだから、励みになります」(梅野)など大好評でいるのも見逃せない。出しているのはガッツポーズだけではなかったのだ。

 球団内だけでなく他球団からも今や評価上昇中の矢野監督。今後も楽しみになってきた。