ヤクルト13連敗も温かい燕ファン「応援してる」「明日も頑張って」

2019年05月29日 23時51分

降板する高橋

 またしても勝てなかった。ヤクルトは29日の広島戦(神宮)に3―5と逆転負けを喫し、2017年以来の13連敗。最下位のDeNAにゲーム差なしに迫られた。

 3―2の5回一死一、三塁で降雨のため試合が29分間、中断した。再開後、先発・高橋奎二(22)が崩れて逆転を許した。

 小川淳司監督(61)は「(5回は投手の)大瀬良の安打から四球でチャンスを作られて、やられている」と苦言を呈した。それでも試合後の神宮球場では燕ファンから「応援してる」「明日も頑張って」とヤジはなく、選手を励ますような声援が送られた。