阪神・藤浪が30日のオリックス戦登板へ

2019年05月29日 11時00分

 無期限で二軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(25)が、30日のウエスタン・リーグのオリックス戦(鳴尾浜)に登板することが28日、わかった。平田二軍監督が「あさっては藤浪でいく。次はもうちょっと長いイニングになるかな。今はいい顔をしているし、楽しみだね」と明かした。

 約2か月ぶりの復帰登板となった18日の広島戦(由宇)では、新たな試みである「2段モーション」で1回無失点と好投。藤浪自身も「問題なく投げられたので、それはよかった」と手応えを口にした。

 藤浪が完全復活となれば、チームにとって大きな戦力。矢野監督は「選手には『誰かのために頑張れ!』と言っているが、今の晋太郎は自分自身のためだけにボールを投げて、ステップアップしていけるようにやっていけばいい」とエールを送った。