松坂“令和初マウンド”で2回パーフェクト

2019年05月28日 14時17分

松坂の令和初マウンドは2回完全!

 中日の松坂大輔投手(38)が28日、ウエスタン・ソフトバンク戦(筑後)に先発し、今季の実戦初登板に臨んだ。「平成の怪物」と称された右腕が“令和初マウンド”に立った。

 2イニングを投げてパーフェクト。打者6人に対して無安打無失点。球数は20球を投げて最速137キロで3奪三振の快投だった。最高の滑り出しを切った。

 1回裏。松坂の名前がコールされるとスタンドから拍手が沸き起こった。先頭の真砂は2球で追い込み3球目で二飛に打ち取った。続く三森も2球で追い込み3球目のチェンジアップで空振り三振を奪った。3番の中村晃も2ボール2ストライクから空振り三振に切って取った。

 2回も緩急自在の投球で打者に自分のバッティングをさせなかった。コラスを中飛。5番・田城を空振り三振。栗原は二ゴロに打ち取った。

 松坂の実戦登板は6勝目を挙げた昨年9月13日の阪神戦(甲子園)以来。今季は春季キャンプ中にファンとの接触で右肩を痛めるなどしてリハビリ調整を続けていた。関東地方へ治療に訪れていた際、練習日にもかかわらず千葉県内でゴルフをしたことで16日に球団からペナルティーを科されていた。