日本ハム・輝星 復帰登板は上々 イースタン西武戦2回無失点

2019年05月27日 16時30分

二軍戦で好投した吉田輝

 ウイルス性胃腸炎で前回登板を回避した日本ハムの吉田輝星投手(18)が、26日のイースタン・西武戦(西武第二)の4回から2番手で登板し、2回1安打無失点に抑えた。

 先頭に中前打を浴びたが、遊ゴロ併殺、捕邪飛で切り抜け、続く5回は三者凡退。最速は147キロを計測するなど、復帰登板を上々の内容で終えた。

 吉田輝は「試合勘も全然大丈夫だったので、休む前とそんなに変わらなかったと思います」と離脱の影響なしを強調し、加藤二軍投手コーチは「無駄な力みもなくバランスがいいね。二軍の中でも良い方だし、一軍も大変そうだから、もうちょっと質が上がれば上から声がかかるかもね」と話した。