巨人・澤村が421日ぶり白星「チームのためを思って投げるだけ」

2019年05月26日 20時37分

今季初勝利を挙げた澤村

 巨人・澤村拓一投手(31)が、26日の広島戦(東京ドーム)に5番手で登板し、今季初勝利を挙げた。

 8回を三者凡退に抑えると、直後の攻撃でチームが勝ち越しに成功。昨年3月31日の阪神戦以来、421日ぶりとなる白星が舞い込んだ。中継ぎ再転向から4試合目にして得た勝ち星に「チームが勝つのが一番。不安だったり自信だったりはあるが、しっかりと自分を疑うことなく試合に入れた」と振り返った。

 4月中旬に飲酒トラブルを起こし、球団から厳重注意を受けた後、今月中旬にリリーフとして再昇格。ナインからの信頼回復へ、まずは結果が求められる右腕は「(これからも)チームのためを思って投げるだけ。今後も変わらない」と殊勝に話した。