阪神・大山7戦ぶり打点で虎4連勝

2019年05月24日 23時07分

 阪神は24日のDeNA戦(横浜)に3—2で快勝。4戦連続で1点差ゲームをもぎ取り4連勝とした矢野阪神は貯金を今季最多の4にまで伸ばした。

 勝負を決めたのは4番の大山だ。2—2の同点で迎えた7回、二死三塁のチャンスで打席に立つと、相手先発・今永の投じた初球のカットボールを力強く一閃。これが決勝の適時二塁打となり三走の近本を本塁へ迎え入れた。

 7戦ぶりに打点を挙げた虎の主砲は「(今永は)追い込まれたら打てる投手ではない。とにかく思い切っていこうと思ってました。ああいう場面で打っていかないとチームの信頼は得られないと思う」と試合後、力強く振り返った。矢野監督も「勝負どころで4番の仕事をしてくれた」と大山を称賛した。