8連勝で単独首位 令和型カープは守り勝てる!!

2019年05月22日 16時30分

3勝目を挙げ、緒方監督(左)と握手する野村

 王者の快進撃が止まらない。広島が21日の中日戦(三次)に3―2で競り勝ち、今季最長タイの8連勝。巨人を抜き、ついに今季初の単独首位に立った。

 スタンドの9割以上が赤く染まった球場で“令和型カープ”の強さが光った。投げては先発・野村が7回3安打無失点で試合をつくり、打っては0―0で同点の5回二死満塁で菊池涼が執念の決勝2点適時打。最後は1点差に詰め寄られながらも、何とか守護神・中崎が逃げ切った。

“逆転のカープ”の印象が強いが、王道の先行逃げ切りが今年の勝ちパターンでもある。破壊力では昨季までに劣っても、守り勝てるのが今季の広島。リーグトップの防御率3・02を誇る投手陣の安定感がチームを支えている。

 先発陣は大瀬良、床田が開幕から好調を維持し、ローテーションに途中加入したアドゥワが大ブレーク。序盤不調だったジョンソンも復活した。最近3試合で5、5、4失点と不調だった野村まで快投となれば、もう隙がない。

 丸が抜けた打線の穴は空いたままだが、3冠王ペースの鈴木の前を打つ菊池涼がチャンスメーカーとして機能。得点圏打率はトップの4割5分5厘で昨季以上の存在感を放つ。

 令和に改元後は、実に13勝3敗1分けの勝率8割超え。最大借金8から、わずか1か月あまりで貯金7のV字上昇だ。緒方監督は単独首位にも「関係ないよ」と平静を装うが、最大のライバル巨人はこの日、エースの菅野が故障離脱し、現状セ・リーグに対抗馬は見当たらない。

「勝てるときに勝っておかないと」と高ヘッドコーチ。V大本命の赤ヘル軍団が早くも突き抜けるか。