ウイルス性胃腸炎の吉田輝が練習再開

2019年05月21日 15時12分

 ウイルス性胃腸炎で前回登板を回避していた日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が21日、千葉県鎌ケ谷市内にある球団施設で練習を再開した。

 この日は軽めのキャッチボールなどで汗を流した吉田輝。「体調は大丈夫です。思ったよりいいボールが行っていてびっくりしました」と手応えを口にした。

 今後の予定について荒木二軍監督は「ケガとかじゃないから、そこまで時間はかからないと思うよ」とコメント。同様の症状で回避した他の選手らは、次回登板に向けて1週間ほどスライドした日程を予定しているため、吉田輝も24日から行われる次カードのイースタン・西武戦(西武第二)か、31日からの同・ヤクルト戦(鎌ケ谷)での実戦復帰が濃厚と見られる。