阪神・浜中打撃コーチ 本拠地の貧打に「次こそは先制点を」

2019年05月21日 11時00分

 阪神は14~15日の巨人戦(東京ドーム)で2戦合計24安打17打点と打線が爆発したが、甲子園に戻った17日からの広島3連戦は計3打点で3連敗だ。

 甲子園で早くも13敗となり、昨季から続く“外弁慶”状態に浜中治打撃コーチ(40)「神宮や東京ドームのような狭い球場では余裕を持って打席に立てているのだが、甲子園に戻ると気負ってしまうのか、硬くなってしまう」とポツリ。それでも「条件は双方同じこと。言い訳にはできない。次こそは先制点を挙げて投手陣を楽にしてあげたい」と話した。