“飲酒トラブル”の巨人・澤村 17日から一軍昇格

2019年05月16日 20時16分

一軍昇格が決まった澤村

 巨人・澤村拓一投手(31)が、リリーフとして17日の中日戦(ナゴヤドーム)から一軍に昇格することが16日、決まった。

 この日、野上亮磨投手(31)、立岡宗一郎外野手(28)、マルティネス内野手(26)の3人の出場選手登録を抹消。代わって二軍で3戦連発の本塁打を放つなど調子を上げたアレックス・ゲレーロ外野手(32)、中継ぎのテコ入れとして桜井俊貴投手(25)と澤村が昇格し、いずれも17日に登録される。

 澤村の起用をめぐっては、原辰徳監督(60)から一度は先発転向を打診されるも、リリーフ挑戦を直訴。しかし、結果が伴わず、キャンプ最終盤に先発へ回され、4月6日のDeNA戦(横浜)では5年ぶりに先発登板。4回途中4失点KOとなり、再び二軍再調整となった中、今月に入って4月中旬に見知らぬ男性に対して飲酒トラブルを起こしていたことが発覚した。騒動はすでに収束しているが、チーム内外に波紋を呼びそうだ。