2戦連続の大乱調 巨人・菅野に「二軍調整」の声

2019年05月16日 16時30分

6回途中10失点で降板した菅野

 絶対エースに何が…。巨人・菅野智之投手(29)が15日の阪神戦(東京ドーム)に先発し、6回途中11安打、自己ワーストを更新する1試合4被弾、同10失点の大炎上で3敗目(5勝)を喫した。チームも8―13で敗れ、今季最長の4連敗となったが、何よりも気がかりなのは右腕の状態。2戦連続の大乱調により、チーム内からは二軍再調整の声も上がり始めている。

 いったい、どうしたというのか。背番号18が猛虎打線の餌食となり、6回を投げ切ることなく降板した。立ち上がりから信じられない光景が繰り広げられた。初回に糸井の2ランなどで3点を先制され、2回は連続適時打で2点を献上。打線が1点差に追い上げた直後の5回には福留にソロを浴び、6回は木浪の一発と大山の特大2ランで計10失点(自責7)。ベンチの我慢も限界を超えた。

 菅野は前回8日のDeNA戦(新潟)でも6回8安打で5失点。被本塁打は昨季の自己最悪の14被弾に迫る13被弾で、防御率は4・36までハネ上がった。2年連続の沢村賞男らしからぬ数字だ。

 菅野は「配球ももちろんあると思いますけど、(相手に)球種が分かっていても、あれだけ普通は打たれない。しっかり現状を受け止めて、また次、やるしかないですね。本当にチームに申し訳ない」と肩を落としたが、2戦連続の炎上劇で次回登板が正念場となりそうな気配も漂ってきた。

 チームスタッフは「次も結果が出なければ、1回登板を飛ばすか、一度ファームでリフレッシュするのも一手でしょうね。今日はスライダーの曲がりも普段のもうひと曲がりがなかったですし、直球も簡単に打ち返された。原因は一つではないでしょう。本人は絶対に言わないでしょうけど、やはり中5日が続いた影響が残っている可能性は否定できない。シーズンは長いですから、早めに手を打って最短の10日間で戻すことも必要かもしれません」と語った。

 試合後に菅野と話し合いの場を設けた宮本投手総合コーチは「話したなかで『いや、頑張る』と結論も出たので我々としては見守っていくしかない」と22日のDeNA戦(東京ドーム)で登板させる方針を明らかにした。ただ、原監督は「体の方はまだ元気ということで、それはいいんですけど。誰にでも壁、山というものは来るわけですから、それを乗り越えないといけない」としながら「少し頭のなかは正常ではないでしょうね」とも推察した。
 他球団の偵察部隊からは「直球のスピードは出ているけどキレがない。あんなに調子の悪い菅野は初めて見た」との見立てまで。V奪回へ、エースの力は絶対不可欠。“パニック状態”から立ち直って快投を演じるのか、それとも早期再調整するべきか…。結果次第では、首脳陣も難しい判断を迫られそうだ。