阪神メッセンジャー「初回が全てだった」

2019年05月11日 18時45分

 阪神は11日、中日戦(甲子園)に1―5と完敗を喫した。

 先発メッセンジャーが初回に3点を奪われると、攻撃陣も相手先発・柳を打ちあぐね、8回を無得点に封じられた。

 矢野監督は「メッセンジャーは丁寧には投げていた。立ち上がりは難しい。開幕投手を任せた投手なので、今後もしっかり投げてくれると思う。それより打線がどうにかしたかったという思いが大きい」と再三得点圏に走者を置きながら、決定打を欠いた打線を嘆いた。

 2回以降は立ち直り、5回3失点でマウンドを降りたメッセンジャーは「初回が全てだった」。それでも「それ以降はゲームをつくることができた」とサバサバと振り返り球場を後にした。