阪神・ジョンソン 28歳バースデー飾る好投「本当に楽しめている」

2019年05月10日 23時23分

お立ち台に立った(左)からからジョンソン、西、大山

 阪神のピアース・ジョンソン投手(28)が自身の誕生日である10日の中日戦(甲子園)で3点リードの8回に登板。京田、大島、ビシエドの3人をそれぞれ一ゴロ、空振り三振、空振り三振に切って取る圧巻のピッチングで28歳のバースデーを飾った。チームは7—3で勝利し、セ2位タイに浮上した。

 チームも12連戦を終え、久々のオフとなった前日(9日)は「たくさん寝て、ゆっくり休めた」そうで体調も万全。高い制球力と伝家の宝刀パワーカーブを駆使し、登板18試合で許した失点はわずか1。防御率も0・49と“無双モード”が続く右腕は日本球界での日々を「本当に楽しめている。チームメート、首脳陣、スタッフのおかげで苦労せずにチームに溶け込めている」と語り、周囲への感謝を改めて口にした。