単独2位 則本昂、岸の2枚エース不在で楽天はナゼここまで強いのか

2019年05月10日 16時30分

サヨナラ勝ちで“お祭り騒ぎ”の楽天ナイン

 楽天が9日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)に4―3でサヨナラ勝ち。前日は同じソフトバンク相手に0―7からひっくり返し、8―7で逆転サヨナラ勝ちを収めており、連日の劇的勝利となった。9回無死一、二塁から相手のバントシフトの裏をかくバスターがズバリ。投球と同時に一塁手、三塁手がホーム方向にダッシュし、二塁手、遊撃手がそれぞれ一塁と三塁ベースカバーに入っていたため、通常なら平凡な二塁ゴロが誰もいない二遊間を抜けていった。

 殊勲の一打を放った銀次が「いいところにボールが転がった」と振り返れば、小谷野打撃コーチは「相手がチャージしてきたら打っていいと言った。勇気がいることで素晴らしい」。平石采配も冴えわたっているが、則本昂、岸という2枚エースを故障で欠きながら現在単独2位という状況は、大健闘と言っていいかもしれない。

 本紙評論家の得津高宏氏が「2人がいないのにどうして勝てるのか?」と、平石監督を直撃すると「ホントそうですよね。ボクも不思議なんです。でも、2人がいないぶん、ほかの投手が頑張ってくれている。攻撃陣ではやはり浅村の存在がものすごく大きい。浅村に対するプレッシャーが大きくなればなるほど、周囲へのマークが楽になっている部分はあると思います。浅村がいなかったらここまで戦えませんよ」と明かした。

 首位・ソフトバンクとの差は2・5。岸が5月下旬にも復帰予定で、則本昂も球宴ごろには帰ってくる。このまま踏ん張り続けることができれば、シーズン終盤まで優勝争いにからめそうだ。