日本ハム・吉田輝 5回途中まで無失点4奪三振の好投

2019年05月08日 16時22分

力投する吉田輝

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が8日、イースタン・ロッテ戦(浦和)に先発し、4回0/3を投げて無失点の4奪三振と好投した。

 この日も持ち味の力強い直球を軸に攻めた吉田輝。プロ入り後、2度目の対戦となった初回先頭打者・藤原恭大外野手(19=大阪桐蔭)には左前打を放たれたものの、後続を打ち取り無失点に抑えた。その後も4回まで毎回走者を背負ったが、毎回奪三振の活躍で失点は許さなかった。5回もマウンドに上がったが、先頭打者の柿沼に四球を与えたところで交代。計77球と予定されていた目安の球数に近づいたところでの降板となった。