阪神・藤川が球団最多141ホールド 救援3部門でトップ

2019年05月08日 07時41分

阪神・藤川

 阪神・藤川球児投手(38)が7日のヤクルト戦(神宮)の7回に3番手として登板。二死満塁のピンチを招いたが、最後は山田を左飛に打ち取り無失点で切り抜け、通算141ホールドを記録した。

 かつて「JFK」として共闘したウィリアムスの持つ、球団最多ホールド記録に並んだ火の玉右腕は「記録のことは選手をやめてからでいい。ただ、いろんなストレスがある中で、ここまでやってこれたのは自分でもビックリしている」と胸を張った。

 これで225セーブ、192ホールドポイントと合わせて救援3部門で球団トップ。常々「自分はスロースターター。夏場からあたりからが勝負」と話すベテラン右腕がいよいよ本領発揮となりそうだ。