西武・本田圭佑6回途中4安打3失点 試合つくるも4四球を反省

2019年05月06日 16時28分

 西武・本田圭佑投手(26)が6日、楽天戦(メットライフ)に先発し、6回途中4安打3失点と試合をつくったが、打線の援護に恵まれず1―3の状況で降板。その後、7回に登板した3番手・十亀がブラッシュに6号2ランを浴びるなど一死も取れず4安打5失点(自責4)と炎上し、試合の流れは完全に楽天に傾いた。

 降板後、本田は「立ち上がりはバランスよく投げることができませんでしたが、中盤は感覚を取り戻すことができたと思います。登板を振り返って無駄な四球(4つ)が多かったことが反省点です。また大胆かつ繊細に攻めることができなかったところがあり、流れを悪くしてしまいした。次回は接戦でもしっかり抑えて先発の役割を果たしたいです」とコメントした。