令和初黒星も…大下剛史氏をうならせた巨人・原監督の絶妙「勝負手」

2019年05月04日 13時00分

代打で適時打を放った阿部(左)を原監督(右端)が満面の笑みで出迎えた

 巨人が3日の広島戦(マツダ)で一度は3点差を追いつくも3―6で敗れ、令和初黒星を喫した。広島先発左腕の床田から7回に3点を奪ったが、リリーフ陣を捕まえきれず4安打に終わり、これで広島との対戦成績も3勝3敗の五分に。そんななか本紙専属評論家の大下剛史氏は「シーズンを見据えた勝負手」と原監督の打った一手に思わずうなった。

 先発のメルセデスが6回までに3失点を喫し、試合の主導権を握れず。打線は今季2度目の対戦となった左腕・床田の前に5回二死で投手のメルセデスが中前打を放つまで無安打に抑え込まれた。

 原監督が「バットの芯を外して投げるというか、我々はバットの芯で捉えられないというそういう状況でしたね」と振り返ったように、なかなか床田攻略の糸口が見いだせず、試合は重苦しいムードのまま終盤を迎えた。

 その床田の球数が100球を超えた7回だ。先頭の山本が遊撃への内野安打で出塁すると、続く小林の二ゴロを菊池がまさかの送球ミス。無死一、二塁の好機を得た。

 指揮官が動いたのはこの場面。待機させていた右の中島ではなく、左の阿部を代打で起用した。試合前時点で床田の被打率は右打者1割6分3厘、左打者が3割と、左打者のほうが打たれており、そんな数字も後押ししたのだろうが…。

 大下氏は「普通だったら左投手相手に左の代打は送りづらい。原監督はこの一手で今季こういう場面では阿部でいくんだという意思をベンチに示した。この試合の結果だけではなく、1年間を見据えた采配。勝負手だけに結果が出た時には空気が一気に変わる」と、数字以上にもっと大きな狙いがあると指摘した。

 結果は阿部が右前へ適時打を放ち、この回一気に同点に。その後は8回一死一、三塁で代走から左翼守備に入った重信が浅い左飛にもかかわらず、本塁への返球がそれ、犠飛による決勝点を許した。それでも原監督は「本人も次はいいボールを投げるでしょ」と動じることはなかった。

 大下氏は「原監督はベンチでもバタバタしないし表情も笑っていることが多い。この日も7回まで動くことはなかった。今はまだ指揮官が馬なりでやっている状態。それでも首位にいるというのは選手に安心感を与えていることが大きい」と、ここまでの原巨人を分析すると「原監督の豊富な経験を相手ベンチが過剰に意識している部分もある」と相手を疑心暗鬼にさせていることもプラスに働いていると指摘した。

 今季ここまで巨人は2連敗がワーストと安定した戦いを続けている。「ただシーズンは長いし、このままでいくことはない。チームが逆境になりかけた時に原監督がどんな手綱さばきを見せるか今から楽しみ」(大下氏)

 果たして原監督の顔色が変わる場面はいつ来るのか。今のところは、まだまだ余裕たっぷりだ。