巨人・岡本に“天”が味方

2019年05月03日 16時30分

天井直撃弾を放った岡本

 巨人は2日の中日戦(東京ドーム)で9―3の逆転勝ち。巨人には“天”も味方した。

 1点を追う5回二死一、二塁で打席に立った4番・岡本はロメロの153キロ直球を高々と打ち上げ、バットを叩きつけて悔しさをあらわにした。ところが平凡な左飛と思われた打球が天井に当たって落下する際の角度が変わり、三塁後方にポトリと落ちるラッキーな同点打に。

 岡本は「(打った瞬間は)終わったと思った。勝ったから良かったです」と言葉少なだったが、原監督は「目に見えない力が非常に何というか、与えていただいたというかね。本人も自分の力で打ったとは思っていないと思いますよ」と上機嫌で振り返っていた。